昨日のAstralisはかなりツライマッチを全勝で仕上げることができた。これはこういう階級ではいやに大きな収支で、マイナスでのコーチの出場にも関わらずに階級パスが丸々現実的になったメニューだった。とにかくdeviceがキレキレだったのと、コーチのzonicが予想以上の基調で十分に戦力として機能していたのが大きかった。
関するSKは1勝1敗と今ひとつメニュー。
あれだけときの乏しいpitaを持ち合わせるCLG相手に1地図落としたのは実に痛く、反応を安くせざるを得ない。
根っから作戦面ではAstralisの規準は厳しい上に、zonicも勤めをできるとなれば、Astralis近所が圧倒的に安上がりと至る。
SKは落とし穴を賢く付けるかがきっかけの一環だったが、それがそれ程効果がないとすれば正面から触るしか無く、恐ろしいマッチになりそう。

注目奏者はzonic、device。中でもdeviceはこういう逆境に燃えているのか時時おそろしいレクリェーションを挙げるので要注目。キレイモ 支払い方法

 今は昔と違って、子供たちの習い事の型式がいとも多いように感じます。あたしが小さい位は、メインにピアノ(5歳から18歳位まで)、あとはそろばん3世代くらい習っていた近くでした。我が家の子供たちは、小学生2年生の子どもは体操と通信教育、長期間のお子さんは体操とイングリッシュ(本格的なものではなく、グループ的感じです)を個々人習っていらっしゃる。一週それだけで精一杯で、長女は体操さえ習っていればそれで幸福といった感じです。
 しかし、子供達の周りの間近を見てみると、どの子どももだいたい何かしらの習い事をしていて一部ふたつは適切、中には通常習い事をやる子どもも少なくありません。そのオールは娘がやりたいと言いだして始めたのか、父兄がやらせたくて習わせたのか分りませんが、通常忙しそうですなぁと思ってしまう。我家は、あたしが出無精なのもあり、習い事の送迎の事を考えるともうこれでたっぷりなのです。習い事もいいけれど、やっぱ娘は外側で元気に遊ぶ時間も大切だと想う近頃だ。http://xn--ccka6dxk.sakura.ne.jp/