痩身とルームのケアをマルチタスクやる。
ウエイトは、2ヶ月で3距離減っただけだけど、ルームのスリム化はきらびやか成功。
色々なものが減っていった。
次、寝る前に、書類端の集成を決める。
年金ログとかパスポートとか、賃貸の申込書は差し置くけれど、
その他は取り除けるんじゃないだろうか?
カラダ診療の結果、給料明細、、、なんでさほど過去にこだわる?
20歳からの記帳。何故そんなものを残しているのだろう。
家電のリストとは違う、何か意味が居残るはずだ。
ともかく、カラダ診療の結果と、給料明細はおいておこうかなあ。
でも、扱う実態ないしなあ。二度と再び経歴とめるのだし、
とうに二度と、経歴とめる。だからフリーターで生きていくためにも
給料明細は捨てよう。過去のキャリヤは捨てて、目新しいキャリヤを築こう。
カラダ診療も、やっと親父に繋がるに従って、大事になっていく。
ガン検診の結果は、がん保険に入るのに要求。
がん保険の特性を聞いておこう。アイトレーニング 子供 視力回復